PR

ニュース 社会

島根立てこもり男「会社関係者に個人的恨み」

男が立てこもった運送会社の建物=14日午後、島根県出雲市(沢野貴信撮影)
男が立てこもった運送会社の建物=14日午後、島根県出雲市(沢野貴信撮影)

 島根県出雲市神西沖町の運送会社「上田コールド」の本社に14日午後、男が刃物のようなものを持って立てこもった事件で、男が説得に当たった県警の捜査員に対し「会社関係者に個人的な恨みがあった」と話していることが捜査関係者への取材で分かった。

 県警は社長や人質となった女性以外の同社関係者に個人的な恨みを抱いていた可能性があるとみて調べている。

 県警によると、男は同日午後2時20分ごろ、「立てこもりをしたい」と言って事務所の玄関から入ってきた。当時、7人程度の従業員がおり、1人を除いて避難。外に出た1人が通報した。男は同社の関係者ではないとみられ、業務上の関連も確認されていない。人質となった女性とも面識はないとみられる。女性にけがはないもよう。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ