PR

ニュース 経済

【令和2年度予算案】立皇嗣の礼など 宮内庁は皇位継承関連19・6億円 

秋篠宮さま
秋篠宮さま

 20日閣議決定された令和2年度政府予算案で、宮内庁は皇位継承関連の主な経費として19・6億円を計上した。内訳は、一世一度の重要祭祀「大嘗祭(だいじょうさい)」の舞台となった大嘗宮(だいじょうきゅう)の跡地復旧に2・9億円、皇嗣となられた秋篠宮さまの立場を国内外に示す「立皇嗣(りっこうし)の礼」に4千万円、上皇ご夫妻の将来的なお住まいとなる仙洞御所(現在の赤坂御所)や秋篠宮邸の改修費用に15・9億円など。

 このほか、皇居・東御苑の三の丸尚蔵館の整備費用に29・4億円を計上。総額は前年度比1%減の約238億円。

 宮内庁の定員も東御苑の外国人観光客向けの対応強化の枠などで、計7人を増員する。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ