PR

エンタメ エンタメ

「ゴダイゴ」のプロデューサー、ジョニー野村氏が死去

 人気ロックバンド「ゴダイゴ」をプロデュースした音楽プロデューサー、ジョニー野村(本名・野村威温=のむら・いおん)氏が23日、脳梗塞のため死去した。75歳。葬儀・告別式は家族葬で行う。平成28年に脳梗塞で倒れ、闘病していたという。

 ルーマニアのブカレストに生まれ、神奈川県で育つ。昭和50年にシンガーソングライターのタケカワユキヒデさん(68)のデビューアルバムをプロデュース。タケカワさんがメーンボーカルを務める「ゴダイゴ」に立ち上げから関わり、「ガンダーラ」「モンキーマジック」「銀河鉄道999」など黄金期の全作品をプロデュースした。

 タケカワユキヒデさんは24日、所属事務所を通じて「僕の作曲も歌も本当に理解してくれる最高の仲間で、兄貴の様な存在でした。彼がいなかったら、ガンダーラや銀河鉄道999のヒットも存在もなかったはずです。感謝と敬意と共に冥福を祈りたいと思います」などとコメント。

 ミッキー吉野さんも「ジョニーを想いピアノを奏でています。You Tubeを御覧下さい」とのコメントを寄せた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ