PR

ライフ ライフ

新型肺炎、北海道で2例目 50代男性 容体は重篤

 感染が拡大している新型コロナウイルスをめぐり、北海道は14日、新たに道内在住の50代男性の感染が確認されたと発表した。道内の感染者は2例目。容体は重篤で、現在は入院先の集中治療室で人工呼吸器を装着している。発症前2週間の海外渡航歴はないと話していたという。

 道は男性の国籍を明らかにしていない。

 道によると、男性は1月31日に熱や倦怠感などの症状が出た。2月3日に最初の医療機関を受診。4日に肺炎と診断され、道内の別の医療機関で治療を開始した。しかし、症状が改善せず、11日から3カ所目の医療機関に入院。14日に道内の衛生研究所で検査をした結果、陽性と判明した。道が行動歴などを調査している。

 また、道は14日、1月28日に感染が確認された中国湖北省武漢市の40代女性が回復して退院したことも明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ