PR

ライフ ライフ

横須賀基地で感染拡大 神奈川県、新たに6人 新型コロナ

 神奈川県で、米軍横須賀基地従業員を含む計6人の新型コロナウイルス感染者が確認され、6日に川崎市、横須賀市がそれぞれ詳細を公表した。

 川崎市が発表したのは、いずれも同市中原区に住み、東京都内に勤める50代と60代の男性会社員で、4月5日に陽性が判明した。50代男性は3月30日に発熱し、60代男性は26日にのどの痛みを覚えた。市は2人の行動歴や感染経路を調べている。

 横須賀市は、いずれも市内に住む30、40、50、70代の男性計4人。このうち30代男性は、米海軍横須賀基地の従業員。市は男性が、これまで陽性が判明している同基地の従業員らと飲食した際に感染したとみている。

 感染拡大が続く県内で、発表された感染者の合計数が1ケタ台にとどまったことについて、県健康医療局は、「土・日曜日に検査数が少なかったため」としている。

 県が6日に発表した、県内の入院患者数は、軽症53人▽中等症60人▽重症13人-の計126人(午後1時時点)だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ