PR

ライフ ライフ

大阪拘置所で2例目の感染確認

大阪拘置所
大阪拘置所

 法務省は7日、大阪拘置所(大阪市都島区)の40代の職員が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応を示したと明らかにした。同拘置所では5日に40代の男性刑務官(兵庫県在住)の感染が確認されており、関連を調べている。

 法務省は5日の感染発覚を受け、同拘置所に対し、この刑務官と接触した受刑者ら被収容者の隔離と同僚職員の自宅待機、施設内の消毒などを指示していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ