PR

ライフ ライフ

西武鉄道社員、新型コロナ感染 乗客と接点なし

 西武鉄道は9日、埼玉県所沢市にある本社に勤務する50代の男性社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 男性社員は駅や列車の運行管理に関わる部署ではなく、乗客との接点はないとし、駅業務や列車運行に影響はないという。

 同社によると、男性社員は3月28日に発熱。医療機関で「風邪」との診断を受けて自宅療養していたが、改善せず、31日に再受診して「インフルエンザ」の診断を受けた。その後も発熱の症状が続いたため、4月6日にPCR検査を受けたところ、8日に新型コロナウイルスの陽性が判明した。

 同社は勤務場所のビルを消毒。男性社員と濃厚接触した可能性のある社員に自宅待機を指示した。

 男性社員の容態は回復傾向にある。直近の海外渡航歴はなく、感染経路は不明という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ