PR

ニュース プレミアム

【皇室ウイークリー】(596)21日~27日 両陛下、保育園で買い物ごっこ 仏語で大統領とごあいさつ

フランスのマクロン大統領夫妻を出迎えられる天皇、皇后両陛下=27日正午、皇居・宮殿の南車寄せ
フランスのマクロン大統領夫妻を出迎えられる天皇、皇后両陛下=27日正午、皇居・宮殿の南車寄せ
その他の写真を見る(1/16枚)

 天皇、皇后両陛下は21日、「こどもの日」にちなんで東京都港区立麻布保育園を訪問された。施設訪問は上皇ご夫妻が在位中に始められた恒例行事で、今年は5月にご即位関連の儀式があったためこの時期となった。

 両陛下は3~5歳児クラスの「買い物ごっこ」に参加された。園児らが描いた野菜や果物が並んだ台を前に、買い物バッグを手にした両陛下は「おすすめはなんですか」とご質問。天皇陛下はマツタケ、ドラゴンフルーツなどを、皇后さまはサツマイモ、マスカットなどをそれぞれ買い求め、バッグの中身を見せ合われた。皇后さまは長女の敬宮(としのみや)愛子さまが子供がお好きであることを説明し、お土産として持ち帰られる野菜や果物を「愛子に見せようかな」と話されていたという。

 沖縄慰霊の日の23日、両陛下と愛子さまはお住まいの赤坂御所で黙祷(もくとう)し、犠牲者をしのばれた。宮内庁によると、上皇さまも皇居の吹上仙洞御所でご黙祷。この日に左目の白内障の手術を受けた上皇后さまも、都内の病院で黙祷された。

 上皇さまは、終戦の日と広島と長崎への原爆投下日、沖縄慰霊の日を「忘れてはならない」4つの日として、上皇后さまと毎年黙祷をささげられてきた。陛下もこれに倣い、皇太子時代からご一家で黙祷を続けられている。

 両陛下は24日、日本芸術院会館(東京都台東区)を訪れ、芸術分野で大きな業績を残した人に贈られる「日本芸術院賞」の授賞式に臨席された。授賞式に先立ち、能楽大鼓方の亀井忠雄さんら受賞者8人とご懇談。陛下は亀井さんに「海外でもずいぶん公演をなさっていますね」と声をかけられた。午後には受賞者らを皇居・宮殿へ招いて茶会を催し、陛下は書家の真神巍堂(まがみ・ぎどう)さんに「筆は何種類お使いになっているのですか」、皇后さまも「書はおいくつの時から」と尋ねるなど、和やかに談笑された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ