PR

ニュース プレミアム

【皇室ウイークリー】(609)両陛下「敬老の日」ちなみご交流 秋篠宮ご夫妻はウエーブご参加も

ラグビーW杯フィジー対ウルグアイ戦を観戦される秋篠宮ご夫妻=25日午後、岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアム(代表撮影)
ラグビーW杯フィジー対ウルグアイ戦を観戦される秋篠宮ご夫妻=25日午後、岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアム(代表撮影)
その他の写真を見る(1/14枚)

 天皇、皇后両陛下は24日、敬老の日にちなみ、高齢者センターとシルバー人材センターの入る複合施設(いずれも東京都目黒区)を訪問された。高齢者センターでは、いすに座ったまま手や足を動かし、高齢者の身体機能を高める健康体操をご覧に。天皇陛下は参加者らに「楽しんでいらっしゃいましたね」「お元気で」などと語りかけられていた。皇后さまは、体操で歩くのが楽になったと話す女性に「良かったですね」と笑顔で言葉をかけられていた。

 シルバー人材センターでは和洋服の仕立て直しの様子をご視察。陛下は「作業はいかがですか」「(持ち主は)喜ばれるでしょうね」とねぎらわれた。皇后さまは、手際よく作業して着物の仕立て直しをする女性に「早いですね」と感心されていた。施設関係者によると、陛下は「皆さんお元気そうで、楽しく過ごされている様子を拝見しました」と感想を述べられていたという。

 秋篠宮ご夫妻は20日夜、味の素スタジアム(調布市)を訪れ、秋篠宮さまが名誉総裁を務めるラグビーW杯日本大会の開会式に臨席された。

 秋篠宮さまは開会式で、国際統括団体ワールドラグビーのビル・ボーモント会長とともにグラウンドに立ち、「この大会を一つの契機として、ラグビーフットボールがさらに発展していくとともに、スポーツを通じた交流が、世界の人々の友情と親交を深めていくことを心から願い、ここに開会を宣言いたします」と述べ、ボーモント会長と笑顔で握手を交わされた。

 ご夫妻は開会式に引き続き、開幕戦の日本-ロシアの試合をご観戦。両代表が熱戦を繰り広げる中、観客席で起こったウエーブにご夫妻が参加される場面もあった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ