PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】ちゃっちゃとしなはれ! 朝ドラ「大久保さん」でロス現象 女優 三林京子さん

関西を舞台にした芝居やドラマに欠かせない三林京子さん。女優、落語家など活動は多岐にわたり、さばさばした素顔も人々を魅了する=大阪市中央区の松竹座(恵守乾撮影)
関西を舞台にした芝居やドラマに欠かせない三林京子さん。女優、落語家など活動は多岐にわたり、さばさばした素顔も人々を魅了する=大阪市中央区の松竹座(恵守乾撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 「ちゃっちゃとしなはれ!」。昨秋、テレビから流れてきた、てきぱきとした大阪弁に懐かしさを感じた人は多かったはず。NHK連続テレビ小説「スカーレット」の大久保さんといえば、この人。出番が終わったときは「大久保さんロス」が起こるほど、ヒロインを厳しく温かく鍛える女中役がぴたりとはまった。関西を舞台にしたドラマや演劇に欠かせないベテラン女優として活躍。だが、その素顔は女優にとどまらず、落語家、教育者などマルチにわたる。「生涯、働き続けていたい」と話す三林京子さんのエネルギーの源は-。(聞き手 亀岡典子 編集委員)

■厳しさは愛情あればこそ

 「あ、大久保さんや」。客席がざわめいた。昨年10月の京都・南座。藤山直美さん主演の舞台「喜劇?道頓堀ものがたり」で、道頓堀の芝居茶屋の女将(おかみ)にふんした三林さんが登場すると、場内がざわざわ。NHK連続テレビ小説「スカーレット」での元「荒木荘」の女中、大久保のぶ子役で見せた存在感の大きさに改めて驚かされた。

 「うれしいですね」。親しみやすい笑顔に周囲がパッと明るくなった。大久保さんは、ヒロイン、喜美子が滋賀から大阪の下宿に女中奉公に出てきたときの先輩。喜美子に食事や掃除、裁縫などの家事一切をてきぱきとした大阪弁で厳しくたたき込み、お茶の間の熱い支持を得た。厳しさのなかに温かさがあり、生活感のある大阪弁も人気を呼んだ。自身も、大阪芸術大学の教授時代、学生にびしびし厳しく教えたという。

 「いまの時代、先輩や大人に大声で怒られるなんてこと、あまりないでしょ。パワハラって言われますからね。そやけど、この子は見どころがあると思うからこそ厳しく鍛える。大久保さんも私も愛情なんですよ」

 上方のにおいを感じさせる女優として、関西を舞台にしたドラマや舞台に欠かせない。現在は、道頓堀の松竹座で上演中の舞台「喜劇?なにわ夫婦八景(めおとばっけい)?米朝・絹子とおもろい弟子たち」に出演。上方落語の人間国宝だった桂米朝さんと絹子夫人の波瀾万丈(はらんばんじょう)の半生を描いた人情喜劇で、三林さんは、絹子さんの母、桑田末子役を演じ、おおいに客席をわかせている。「この方もなかなか厳しい方やったそうですよ」とニヤリ。大久保さんを彷彿(ほうふつ)させる役どころを実に楽しそうに演じている。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ