産経ニュース for mobile

記事詳細

元宮内庁長官で警視総監も務めた鎌倉節氏が死去 

更新

死去した鎌倉節氏 元宮内庁長官で、警視総監も務めた鎌倉節(かまくら・さだめ)氏が、今月下旬に死去したことが30日、関係者への取材で分かった。84歳。

 東大卒業後の昭和29年に警察庁入りし、警務局長や次長などを歴任。60年10月から63年1月には警視総監を務めた。その後、平成6年4月に宮内庁次長に。8年1月には同庁長官に就任し、13年4月に退任した。

 宮内庁長官在任中は、天皇陛下のご即位10年の記念行事に取り組んだ。また、12年6月の香淳皇后崩御に伴う大喪儀委員長を務めた。

ランキング