PR

スポーツ スポーツ

【大阪国際女子マラソン・速報(7完)】小原が日本人トップの2位でゴール、福士はリタイア

Messenger
「第38回大阪国際女子マラソン」 2位でフィニッシュする小原怜。手前は優勝のファツマ・サド=27日、ヤンマースタジアム長居(鳥越瑞絵撮影)
「第38回大阪国際女子マラソン」 2位でフィニッシュする小原怜。手前は優勝のファツマ・サド=27日、ヤンマースタジアム長居(鳥越瑞絵撮影)

 2020年東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月15日開催)の出場権を懸けた「第38回大阪国際女子マラソン」(産経新聞社など主催、奥村組協賛)はファツマ・サド(エチオピア)が2時間25分39秒で優勝した。小原怜(天満屋)が2時間25分46秒で日本人トップの2位に入った。

 2時間27分39秒でゴールした中野円花(ノーリツ)が新たにMGCを獲得した。

詳細記録は「大会公式サイト」から

 3人で構成していた先頭集団は36キロ手前でボルネス・ジェプキルイ(ケニア)が遅れ、レースは小原怜(天満屋)とファツマ・サド(エチオピア)の一騎打ちに。互いにしかけあったが、小原が徐々に置いていかれた。

 後方では福士が36キロ手前でリタイアした。(記録は速報値)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ