PR

スポーツ スポーツ

【大阪国際女子マラソン】サド優勝、小原2位 中野が4位でMGC出場権

Messenger
「第38回大阪国際女子マラソン」 ゴール前の直線でファツマ・サドを追う小原怜=27日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(彦野公太朗撮影)
「第38回大阪国際女子マラソン」 ゴール前の直線でファツマ・サドを追う小原怜=27日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居(彦野公太朗撮影)

【産経新聞号外】サドV、小原2位 第38回大阪国際女子マラソン[PDF]

 2020年東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月15日開催)への出場権を懸けた「第38回大阪国際女子マラソン」(日本陸上競技連盟、産経新聞社、関西テレビ放送など主催、奥村組協賛)は27日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居を発着点とする42.195キロのコースで行われ、ファツマ・サド(27)=エチオピア=が2時間25分39秒で初優勝した。外国人選手の優勝は第34回大会のエレナ・プロコプツカ(ラトビア)以来、4大会ぶり。

詳細記録は「大会公式サイト」から

 すでにMGC出場権を得ている小原怜(28)=天満屋=は2時間25分46秒で日本勢最高の2位に入った。序盤から先頭集団に食らいつき、終盤はサドと競り合った。

 3位はボルネス・ジェプキルイ(32)=ケニア。2時間27分39秒で4位に入った準招待選手の中野円花(27)=ノーリツ=が新たにMGC出場権を獲得した。

 今大会は8位までの入賞者を対象に30~35キロのラップタイムが最も速い選手に賞金を贈呈する「ラップチャレンジ」が初めて設けられ、17分32秒をマークしたジェプキルイが獲得した。

 16年リオデジャネイロ五輪代表で約2年半ぶりのマラソンとなった福士加代子(36)=ワコール=は35キロ付近で途中棄権した。

 世界選手権(9~10月、ドーハ)の代表選考会も兼ねた今大会には、国内外招待選手14人、大会独自の育成枠「ネクストヒロイン」6人をはじめとする計428人が参加し、366人が完走。沿道の観衆は約33万5千人だった。また、「2019大阪ハーフマラソン」も大阪城公園東側からヤンマースタジアム長居までのコースで行われた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ