PR

スポーツ スポーツ

五輪切符をめぐり大迫、設楽悠、井上が参戦 東京マラソン招待選手発表

会見に臨む設楽悠太選手(右)と東京マラソンレースディレクターの早野忠昭=28日午後、東京・台場(三尾郁恵撮影)
会見に臨む設楽悠太選手(右)と東京マラソンレースディレクターの早野忠昭=28日午後、東京・台場(三尾郁恵撮影)

 東京マラソン財団は28日、東京マラソン(3月1日=フジテレビジョン、産経新聞社など共催)の招待選手を発表した。男子は新旧日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)と設楽悠太(ホンダ)、18年ジャカルタ・アジア大会金メダルの井上大仁(MHPS)が参戦する。

 今大会は東京五輪男子マラソン代表の最後の1枠を争う「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ」を兼ねて行われる。代表は3人で、昨年9月のMGCで1位だった中村匠吾(富士通)と2位の服部勇馬(トヨタ自動車)がすでに決まっている。今大会か、3月のびわ湖毎日マラソンで2時間5分49秒の設定記録を突破した中で最速の選手が3人目に選ばれる。突破者がいなかった場合は、MGC3位の大迫となる。

 海外勢は前回覇者のビルハヌ・レゲセ(エチオピア)、2時間3分台の記録を持つゲタネ・モラ(同)、シサイ・レマ(同)らが名を連ねた。

 女子は優勝経験のあるルティ・アガ(同)、ベルハネ・ディババ(同)が出場する。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ