PR

スポーツ スポーツ

ナイキが2月末に新厚底靴発売 世界陸連新規則に対応

ナイキが発表した厚底シューズの新モデル「エアズームアルファフライネクスト%」(同社公式サイトより)
ナイキが発表した厚底シューズの新モデル「エアズームアルファフライネクスト%」(同社公式サイトより)

 米スポーツ用品大手ナイキは5日、マラソンなどで好記録が続出し話題となっている厚底シューズの新モデルを29日から発売すると発表した。反発力を生む炭素繊維のプレート1枚を含む底の厚さは英紙ガーディアン(電子版)によると3.95センチで、ワールドアスレチックス(世界陸連)の新規則に適合する。

 新規則では、今年4月30日以降の大会で履く靴は4カ月以上市販されていることが条件で、7~8月の東京五輪に間に合う。

 商品名は「エアズームアルファフライネクスト%」。この試作品を男子マラソンの世界記録保持者エリウド・キプチョゲ(ケニア)が使い、昨年10月の特別レースで非公式記録ながら史上初めて2時間を切った。当時はプレートが3枚入っているとされていた。

 世界陸連は1月31日に靴底の厚さは4センチ以下、プレートは1枚までなどの新規則を発表。多くのトップ選手が履く現行の「ヴェイパーフライ」シリーズは五輪などで着用できることになった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ