PR

スポーツ スポーツ

名古屋ウィメンズマラソン、一般参加者抜きで開催

昨年の名古屋ウィメンズマラソンでスタートする大勢のランナー=名古屋市
昨年の名古屋ウィメンズマラソンでスタートする大勢のランナー=名古屋市

 東京五輪女子代表の残り1枠を争う最終選考レース、名古屋ウィメンズマラソン(3月8日、ナゴヤドーム発着)の主催者は20日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮して一般参加者抜きで開催すると発表した。招待選手や3時間以内の自己記録を持つ選手による「エリートの部」のみで争われる。

 ウイルス感染拡大を受け、既に男子の五輪選考会を兼ねた3月1日の東京マラソンも、一般ランナーが参加できなくなっている。名古屋ウィメンズマラソンには2016年リオデジャネイロ五輪代表の福士加代子や、17年の名古屋で2位の安藤友香(以上ワコール)らが招待されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ