PR

スポーツ スポーツ

大迫傑が日本記録更新で4位 東京五輪代表入り有力 東京マラソン

【東京マラソン2020】男子マラソン4位でゴールする大迫傑=1日、東京都千代田区(今野顕撮影)
【東京マラソン2020】男子マラソン4位でゴールする大迫傑=1日、東京都千代田区(今野顕撮影)

 東京五輪マラソン男子代表の残り1枠を懸けた東京マラソンが1日、東京都庁前から東京駅前のコースで開催され、日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)が速報タイムで2時間5分29秒の日本新記録で4位に入り、東京五輪代表入りを有力にした。自身の日本記録を21秒更新した。8日に行われるびわ湖毎日マラソンでこのタイムを上回る選手がでなければ、代表に決まる。

 ビルハヌ・レゲセ(エチオピア)が2時間4分15秒で大会2連覇を達成した。

 車いすの部男子は東京パラリンピック代表に内定している鈴木朋樹(トヨタ自動車)が1時間21分52秒、女子は喜納翼(タイヤランド沖縄)が1時間40分0秒と、ともに大会新記録をマークして優勝した。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一般の部は中止され、エリートの部に限定して実施。沿道での応援も自粛を要請された状況下で開催された。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ