PR

東京五輪 東京五輪

国の五輪予算2777億円 最終的に3千億円規模か

五輪マークのモニュメントの前で記念撮影する外国人観光客。奥は国立競技場=23日午後、東京都新宿区
五輪マークのモニュメントの前で記念撮影する外国人観光客。奥は国立競技場=23日午後、東京都新宿区

 政府は24日、2013~20年度に計上した国の東京五輪・パラリンピック関連予算が計約2777億円に上ると発表した。新たに19年度補正予算案(約28億円)と20年度当初予算案(約537億円)を合算して取りまとめた。東京五輪の開幕まで半年となり、最終的に3千億円に迫る国の五輪関連費用がみえてきた。

 主な内訳は、競技力向上に関連する費用が約1156億円、新たな国立競技場の整備のための日本スポーツ振興センター(JSC)への運営交付金関連が約517億円、警備などセキュリティー関連が502億円。

 大会組織委員会と東京都、政府は、大会の開催経費の総額を1兆3500億円に定めている。国の負担は1500億円とされているが、この枠外で各省庁が大会開催を支援する費用を計上しており、実質的な負担は大幅に増加している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ