PR

東京五輪 東京五輪

東京五輪聖火、仙台駅で公開 「復興の力に」願い込め

式典で聖火皿に火を移す(左から)仙台市の郡和子市長と宮城県の村井嘉浩知事=21日午後、JR仙台駅
式典で聖火皿に火を移す(左から)仙台市の郡和子市長と宮城県の村井嘉浩知事=21日午後、JR仙台駅

 東京五輪の聖火が21日、JR仙台駅(仙台市)東口付近で公開された。東日本大震災の被災地を巡回展示する「復興の火」プロジェクトの一環。訪れた人たちは「復興が進む被災地の力になってほしい」と願いを込め、笑顔で聖火を見つめた。

 郡和子仙台市長は式典で「復興に力をいただいた全ての人に感謝申し上げる」とあいさつ。村井嘉浩宮城県知事とともに火をランタンから聖火皿に移すと、勢いよく燃え上がった。

 聖火を間近で見ようと駅前には長蛇の列ができた。新型コロナウイルス対策で時間を区切り、警備員らが誘導。家族と訪れた福島市の後藤翔大さん(15)は「きれいで感動した。復興が進む被災地を多くの人が訪れてほしい」と笑顔を見せた。

 聖火の展示は20日の石巻南浜津波復興祈念公園(宮城県石巻市)に次ぎ2カ所目。22~25日に岩手、福島両県を巡回し、26日から福島県で聖火リレーがスタートする。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ