PR

東京五輪 東京五輪

バスケ3x3五輪事前キャンプ中止 再誘致可能か先読めず 宇都宮市

昨年11月に行われた3人制バスケットボール「3x3」のクラブチーム世界一決定戦「ワールドツアーファイナル」=宇都宮市馬場通りのバンバ市民広場
昨年11月に行われた3人制バスケットボール「3x3」のクラブチーム世界一決定戦「ワールドツアーファイナル」=宇都宮市馬場通りのバンバ市民広場

 新型コロナウイルスの感染拡大による東京五輪・パラリンピックの延期を受け、今年7月に宇都宮市内で行われる予定だった3人制バスケットボール「3x3(スリー・エックス・スリー)」の出場国による事前キャンプ中止が決まった。同時期に予定されていた国際大会「ワールドツアー宇都宮マスターズ2020」開催については、今後、国際バスケットボール連盟(FIBA)と協議を進める。

 米プロバスケットボールNBAで日本人選手が活躍する中、3x3は東京大会の新種目の1つとして注目される。世界各都市で行われるワールドツアー「マスターズ」を市では平成28年から3年連続開催。昨年11月には、マスターズ上位チームが参加して世界一を決める「ファイナル」が行われた。

 観戦無料ということもあり、昨年、ファイナルが行われた市中心部のバンバ市民広場には、2日間で計約7万8千人のファンが詰めかけ、関連イベントも盛り上がりを見せた。その模様は世界中にライブ配信。市はワールドツアーや事前キャンプ誘致を通して、「3x3の街」として世界的知名度アップに期待を込めてきた。

 ところがここに来てのコロナ禍による東京大会延期。新たな日程が不透明な中、市都市魅力創造課の担当者は事前キャンプについて、「五輪に連動しているので、あくまでも今年度はない」とするにとどめている。再び事前キャンプの誘致が可能なのか、先が読めない状況だ。

 また、佐藤栄一市長は「新型コロナウイルスの問題が収束して、今年(マスターズが)開催できることが望ましいが、来年にでも実施していただきたい。残念に思っているファンの希望を失わないよう、これからも取り組んでいく」としている。しかし、世界的な渡航制限やスポーツイベントなどの中止・自粛が相次ぐ中、こちらも実施できるかは不透明だ。(松沢真美)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ