PR

東京五輪 東京五輪

東京五輪延期でフェンシング代表が談話 佐藤「決まったからには頑張る」

 日本フェンシング協会は1日、東京五輪が1年延期になったことを受け、日本代表選手のコメントを発表した。女子エペで3大会連続の出場を目指す33歳の佐藤希望(のぞみ)(大垣共立銀行)は「あと4カ月のところまで追い込んで練習してきたので、あと1年は長いなぁとも思いますが、決まったからには頑張る」と複雑な胸中を明かした。

 フェンシングの五輪代表選考は各種目で出場権を争う大会が終盤戦で延期となっており、国際連盟の決定を待っている。これまでの成績で事実上、五輪代表に決まっている女子フルーレの東(あずま)晟良(せら)(日体大)は「個人的には一から選考をやり直しという事態はできれば避けてほしい。今まで積み上げてきたものを信じて、また準備していきたい」と不安な気持ちも表した。男子フルーレの松山恭助(JTB)は「自分自身が今以上に強くなることはもちろんだが、再選考となることも想定して準備をする」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ