PR

東京五輪 東京五輪

福島で聖火の一般公開開始 Jヴィレッジ、30日まで

Jヴィレッジで一般公開が始まった東京五輪の聖火=2日、福島県(芹沢伸生撮影)
Jヴィレッジで一般公開が始まった東京五輪の聖火=2日、福島県(芹沢伸生撮影)

 福島県のJヴィレッジ(楢葉町、広野町)に展示された東京五輪の聖火の一般公開が2日始まった。今月30日まで。

 新型コロナウイルスの感染防止のため、訪れた人にはマスク着用を呼びかけている。展示会場に入る際は手を消毒、1人30秒以内の制限を設け、見学者の間隔を確保。来場者はランタンにともる小さな火に目をこらし、手際よく写真を撮っていた。

 午前9時の公開開始と同時に訪れた仙台市の会社員、星輝彦さん(45)は「復興に関わる仕事をしているので、ぜひ見たかった。トーチで燃える聖火を見たかったが、この灯火が更なる復興のきっかけになってくれれば」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ