PR

東京五輪 東京五輪

浴室でのカヌー練習公開 五輪代表・羽根田「工夫しています」

ツイッターでトレーニングの動画を公開する、カヌー男子の羽根田卓也(本人のツイッターから)
ツイッターでトレーニングの動画を公開する、カヌー男子の羽根田卓也(本人のツイッターから)
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、カヌーのスラロームは3、4月の東京五輪コースを使った事前練習が中止になった。男子カナディアンシングルの東京五輪代表、羽根田卓也(ミキハウス)は、ツイッターで自宅の浴室とみられる場所でのユニークなトレーニングの動画を公開。フォロワーからは「涙ぐましい」と励ましのコメントが相次いでいる。

 前回リオデジャネイロ五輪銅メダルの羽根田は「今は外でカヌーの練習ができないので、こぐ感触を忘れないようにこうして工夫しています」と説明すると、水を張った浴槽にパドルを入れて、こぐ動作を繰り返した。

 動画の再生回数は約1万7千人のフォロワー数を大きく超え、自宅トレーニングに励む日本のエースに「応援しています」「練習再開できますように」とエールが広がっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ