PR

東京五輪 東京五輪

マラソンコース補修始まる 来夏の東京五輪向け札幌市

 札幌市は6日、2021(令和3)年夏に延期された東京五輪のマラソンと競歩のコースに使用される道路の補修工事を始めた。競技に支障が出ないように道路を舗装してひび割れなどを解消し、6月中旬の完了を目指す。市によると、一度工事すれば数年は効果が持続するため、五輪延期による再工事の必要はないという。

 マラソンと競歩のコースでは、いずれも市が管理する市道と道道の計約12・1キロが使われる。工事は5年以内に補修した一部を除く約9・4キロで行う。この日はマラソンで使用する同市北区の一部市道で、表面を削って舗装する工事を始めた。

 昨年12月に決まったマラソンのコースは、市中心部の大通公園発着で約20キロを1周した後、約10キロを2周する変則的な3周ルート。競歩は札幌駅から大通公園方面へ延びる目抜き通りの札幌駅前通を往復する。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ