PR

東京五輪 東京五輪

経済界、対策は額よりも「スピード重視」

 経団連の中西宏明会長は7日、経済産業省で報道陣の取材に応じ、同日閣議決定する新型コロナウイルス感染拡大に対する経済対策について、「スピードが大事だ」と語り、資金不足による倒産を防ぐことを、最優先に取り組むべきとの考えを示した。事業規模が108兆円と膨らんだことに対しては、「論評しない」とし、規模よりもスピードを重視する姿勢だ。

 中西氏は「キャッシュが滞ると、企業が倒れることがある。倒産となれば、雇用を守るどころじゃなくなるし、不良債権になって、金融も止まってしまう」として、売り上げが大幅に減少した中小、小規模事業者への総額6兆円規模の現金給付などを速やかに実施すべきと強調した。

 経済同友会の桜田謙悟代表幹事も同日、取材に応じ、経済対策については「(108兆円の)額には驚いたが、それよりも、経済対策のお金を早く届けるための実務体制と事務フローを構築することが必要だ」と、対策の実行スピードアップを求めた。

 さらに、緊急事態宣言で外出の自粛徹底や在宅勤務の拡大などが求められる中で、「こういった奇異な状況でも、公共交通機関、公務員、警察官、病院関係Sたといった物理的に、仕事に向かわなくてはならない人はいる。こういった方々への安心・安全を確保するための知恵は足りていない」として、政府に対し、配慮措置などの対応を求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ