PR

産経WEST 産経WEST

【大阪国際女子マラソン】23歳・石井寿美「走る喜び大切に」

Messenger
第38回大阪国際女子マラソン招待選手記者会見に臨む石井寿美=25日午後2時32分、大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)
第38回大阪国際女子マラソン招待選手記者会見に臨む石井寿美=25日午後2時32分、大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)

 27日午後0時10分にスタートする「第38回大阪国際女子マラソン」(日本陸上競技連盟、産経新聞社、関西テレビ放送など主催、奥村組協賛)で、23歳の石井寿美(ひさみ)=ヤマダ電機=は、福士加代子(ワコール)ら実力者とひな壇に並んだ25日の記者会見でも、堂々と振る舞った。2度目のマラソンに向け、「走る喜び、気持ちを大切に走りたい。この大会にかける思いは強い」と石井。

 初マラソンだった2017年の名古屋ウィメンズは2時間27分35秒で5位入賞。序盤から積極的な走りをみせ、未来のエース候補に名乗りを上げたが、左恥骨の疲労骨折で前回の大阪国際は欠場を余儀なくされた。

 一時期はトラック1周400メートルを5分かけて走るのがやっと。先の見えない不安に駆られたが、MGCを取りたいというぶれない軸があったからこそ、懸命にリハビリに取り組んだ。

 復帰後は30キロ走を中心に持久力を高めた。150分間のジョギングにも取り組むことで、マラソンのイメージを膨らませ、「きつくなってからも忍耐強く」走ることがテーマ。2時間25分以内を目標に掲げ、「次につなげられるように走りたい」。夢見る東京五輪へのスタートにするつもりだ。(吉原知也)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ