PR

産経WEST 産経WEST

【大阪国際女子マラソン】午後0時10分号砲、注目レースを速報します

Messenger
大阪国際女子マラソンの招待選手
大阪国際女子マラソンの招待選手

 新春の浪速路を彩る「第38回大阪国際女子マラソン」(日本陸上競技連盟、産経新聞社、関西テレビ放送など主催、奥村組協賛)が、間もなく始まります。レースは午後0時10分に号砲。ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)を発着点とする42・195キロのコースで熱戦が繰り広げられます。

 2020年東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(19年9月15日開催)の出場権を懸けた大一番。16年リオデジャネイロ五輪代表の福士加代子(36)=ワコール、田中智美(31)=第一生命グループ=らベテラン勢に、大会独自の育成枠「ネクスト ヒロイン」で出場する初マラソンの大森菜月(24)=ダイハツ=や、水口瞳(22)=大阪学院大=ら将来性豊かな若手が挑む構図です。

 25日に開かれた有力選手の記者会見で、約2年半ぶりのフルマラソンに臨む福士は「MGCを勝って取りたい」と優勝宣言。大阪出身の大森は「地元で走れるので、応援してもらえるような積極的な走りをしたい」と決意表明しました。

 また、今大会は勝負どころとなる30~35キロの5キロを最も速く走った入賞選手(8位以内)に最大100万円の賞金を渡す「ラップチャレンジ」の制度を導入。終盤の競り合いも見どころの一つです。大阪の街を駆け抜け、最初にスタジアムに姿を現すのは誰になるのか…。MGC切符を手にするのは…。産経ニュースでは、注目のレースを速報します。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ