PR

産経WEST 産経WEST

【教科書が教えない 幻の堺幕府】「海船政所」は三好軍勢のベースキャンプ?

 室町時代後期、足利義維(よしつな)をいわゆる「将軍」に、細川晴元を「管領(かんれい)」に頂いていた「堺幕府」。しかし政権を実質的に取り仕切っていたのは、軍司令官を務めていた阿波(あわ)(徳島県)の武将、三好元長だった。その拠点は現在の堺市堺区にあった顕本寺(けんぽんじ)以外にもう一つ、「海船政所(かいせんまんどころ)」と呼ばれる重要な施設があったのではと推測されている。一体、どんな施設なのか。(古野英明)

何のための広大な敷地?

 海船政所に関しては、室町時代後期当時の記録は残っておらず、江戸中期の宝暦7(1757)年に書かれた堺の地誌「全堺詳志(ぜんかいしょうし)」にわずかな記述があるのみ。その全堺詳志には、海船政所は永正元(1504)年、元長の祖父・之長(ゆきなが)が建設を計画し、元長の代で完成、大永7(1527)年の「堺幕府」成立前の大永元(1521)年に「政所」の号を得たと記されている。

三好元長画像(坂東広隆氏所蔵)
三好元長画像(坂東広隆氏所蔵)
その他の写真を見る(1/4枚)

 「政所」というからには、政(まつりごと)を執り行う場所、あるいは荘園(しょうえん)管理事務所、奉行所(ぶぎょうしょ)のような施設のことだと思われる。

 全堺詳志によれば、館の中央に高楼を建てて四方を監視し、有事には鐘と太鼓を打ち鳴らして一族郎党に知らせたという。また、その規模については「東西360歩(約650メートル)、南北これに倍す」と伝えている。堺市博物館の元学芸員、吉田豊さんは「この記述からすると桜之町西あたりから現在の大和川あたりまでが敷地だったと考えられます。多少は割り引く必要がありますが、それにしても当時、有力武将の屋敷地が1町(約100メートル四方)であったことを考えると、群を抜いて広かったといえます」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ