PR

WIRED WIRED

英国海軍が訓練にVRを導入したら、まるでSFのような世界が出現した

 生死にかかわる状況での訓練を仮想現実(VR)で実施する取り組みが、英国海軍で進められている。まるでSFを思わせる動くドームを教官がコントロールするVRの世界は、いかなるものなのか--。その現場へと潜入した。

TEXT BY ALEX CHRISTIAN

TRANSLATION BY KAREN YOSHIHARA/TRANNET

WIRED(UK)

午前2時、凍えるほど冷え込んだ北海の上空で、英国海軍の対潜哨戒ヘリコプター「マーリンMk2」の乗組員は絶望的な窮地に立たされていた。荒れる海の上で機体の燃料は次第に減りつつある。

選択肢はふたつあった。荒れ狂う海で激しく揺れる船の甲板にヘリコプターを着艦させるか。あるいは、身を切るような冷たさの海深くに突っ込むかである。視界は極めて悪く、時間は刻々と過ぎていく。乗組員はパイロットに命を託し、無事に帰還できることを祈るほかなかった--。

幸いなことに、これはシミュレーションである。英国海軍のカルドローズ航空基地とヨーヴィルトン航空基地では、こうしたシナリオを繰り返し用いて乗組員を訓練している。しかも、訓練の場は船の甲板や海上ではない。まるでSFを思わせる動くドーム内に入り、教官がコントロールする仮想現実(VR)の世界でその技能を磨いているのだ。

そこではエンジンの故障から悪天候まで、さまざまな生死にかかわる状況がリアルに再現される。「わたしたちは限界ぎりぎりの状況でも操作できるようにしておかなければなりません」と、海軍少佐クリストファー・ルークは説明する。「視界がまったくきかない真夜中に、荒れた海で機体を操縦できるよう訓練を受けているのです」

VRを海軍の訓練に活用

対潜哨戒ヘリ「マーリンMk2」と攻撃ヘリ「ワイルドキャット」は、あらゆる海上作戦の耳目としての役割を担う。フリゲート艦から飛び立って高速で飛行し、海洋にいる敵を偵察して艦に報告するのだ。

両機には赤外線カメラとソノブイが搭載されている。ソノブイとは海中に投下して使うソナー装置で、水中レーダーとしての機能を果たす。また、ワイルドキャットはレーザー誘導式ミサイル「マートレット」を、マーリンは対潜魚雷「スティングレイ」をそれぞれ搭載しており、必要とあらば作戦の牙としての役割も果たせるようになっている。

カルドローズ基地ではVRを活用することで、巻上げ機の操作を担当するホイストマンを訓練している。しかも、ほかの方法では実現しえないシナリオによってだ。そのVRコンテンツを開発しているポール・マクブライドは、これはまだ始まりにすぎないと考えているという。

「ゆくゆくは空母全体を再現し、ゲームエンジンで甲板全体をモデリングできるようになるでしょうね。訓練生たちはVRヘッドセットを装着して格納庫内を歩き回り、CGの教官から指導を受けられるようになるかもしれません」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ