PR

ニュース 国際

米原子力空母4隻で新型コロナ感染者 即応態勢に懸念

ベトナムのダナンに停泊中の米原子力空母セオドア・ルーズベルト(ロイター)
ベトナムのダナンに停泊中の米原子力空母セオドア・ルーズベルト(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米政治紙ポリティコ(電子版)は7日、西部ワシントン州ブレマートンで出航準備を行っていた米海軍の原子力空母ニミッツの乗組員1人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと伝えた。

 国防当局者が同紙に語ったところでは、乗組員は既に下艦し隔離措置が取られている。また、この乗組員と接触した他の乗組員の特定も急いでいるという。

 米原子力空母での新型コロナ感染をめぐっては、3月にフィリピン海で作戦行動をとっていたセオドア・ルーズベルトでこれまでに乗組員150人以上の感染が確認され、3千人近い乗組員が米領グアムで隔離措置を受けている。

 また、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を事実上の母港とするロナルド・レーガン、ワシントン州ピュージェット湾でメンテナンス作業中のカール・ビンソンでもそれぞれ感染者がいたことが判明した。

 感染者が出た空母は計4隻となり、中国や北朝鮮の脅威をにらんだインド太平洋地域での米軍の即応態勢をめぐる懸念が一層高まるのは避けられない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ