PR

ニュース 国際

中国・武漢の封鎖解除 2カ月半ぶりに空港など再開

2カ月半ぶりに封鎖解除された中国・武漢(ロイター)
2カ月半ぶりに封鎖解除された中国・武漢(ロイター)

 【北京=三塚聖平】新型コロナウイルスの震源地となった中国湖北省武漢市で8日、市内外の出入りを制限する封鎖措置が約2カ月半ぶりに解除された。中国メディアによると、武漢を発着する航空便や鉄道が再開した。ただ、感染防止のため住民の管理措置を続けるなど、中国当局は再び感染を拡大させないよう神経をとがらせている。

 8日午前0時(日本時間同1時)に封鎖措置が解かれた。当局は、同日に5万5千人超の旅客が鉄道で武漢を出ることを見込む。市内の国際空港では国内線の運航が再開したほか、高速道路の料金所も封鎖を解除。健康状態などに問題がないと証明されれば市外への移動も可能になった。

 一方、大学など教育機関の再開に向けためどは立っていない。居住区で住民の出入りを厳格に管理する措置も続くため、市民生活の完全復旧には程遠い。

 武漢では1月23日に、同市を出入りする飛行機や列車を止め、バスや地下鉄など市内の公共交通機関も営業停止する封鎖措置がとられた。感染拡大を防ぐためだったが、これまでに武漢だけで感染者は累計5万人を上回り、死者は2500人を超えた。

 3月25日には、武漢市内の公共交通機関の一部が運行を再開したほか、湖北省全域で行われてきた封鎖措置を武漢以外で解除。武漢の封鎖解除に向けた動きが徐々に進んできた。封鎖解除を受けて、経済活動の再開を加速させる考えとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ