PR

ニュース 国際

バイデン氏指名確実 サンダース氏が撤退 米大統領選民主党候補争い 

左からサンダース米上院議員(ゲッティ=共同)、バイデン前米副大統領(ロイター=共同)
左からサンダース米上院議員(ゲッティ=共同)、バイデン前米副大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米大統領選の民主党候補指名を争っていた急進左派のサンダース上院議員(78)は8日、選挙戦からの撤退を表明した。11月3日に実施される大統領選の本選は、共和党現職のトランプ大統領(73)と、民主党候補指名を確実にしたバイデン前副大統領(77)との対決になることが決まった。

 サンダース氏は、陣営のウェブサイトを通じて演説し、「勝てる見込みのない戦いを続けることはできない」と述べた。

 サンダース氏は2016年の前回大統領選に続き民主党の候補指名争いに挑戦。「国民皆保険」や公立大学授業料の無償化などを掲げて若者層らの支持を集め、一時は最有力候補と目された。しかし、左派的な主張が穏健派の同党支持者に受け入れられず、2月末以降の予備選や党員集会では敗北が続いていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ