PR

ニュース 国際

閉じ込められた11人を2週間ぶり救出 中国の鉱山爆発事故

爆発事故で閉じ込められた地下の坑内から救出される作業員=24日、中国山東省(新華社=共同)
爆発事故で閉じ込められた地下の坑内から救出される作業員=24日、中国山東省(新華社=共同)

 【北京=三塚聖平】中国山東省で24日、金鉱で起きた爆発事故で地下の坑内に閉じ込められていた作業員11人が2週間ぶりに救出された。事故では22人が閉じ込められたといい、現場では救助関係者が作業員のいる地下約600メートルの坑内まで穴を掘り進めるなど救助作業を行っている。

 中国メディアによると、爆発事故は山東省煙台市で建設中の金鉱で今月10日に発生した。事故から1週間が過ぎた17日に救助隊がワイヤを使って筆記用具などを地下に降ろしたところ、「みんな体力の消耗が深刻だ」などと救助を求める手書きのメモを回収。それにより12人がいる場所を確認したが、20日夜、1人の容体が悪化し「生命の兆候がなくなった」と伝えられていた。

 同事故をめぐっては、報告が遅れたとして山東省共産党委員会が地元の幹部を15日に解任している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ