PR

ニュース 社会

広島のメイドカフェ火災 元飲食店長、二審も有罪

 広島市で平成27年、メイドカフェの客ら6人が死傷したビル火災で、重過失失火と重過失致死傷の罪に問われ、一審で有罪判決を受けた同じビル内の飲食店元店長、高沢愛章被告(30)の控訴審判決で、広島高裁(伊名波宏仁裁判長)は22日、禁錮3年、執行猶予5年とした一審判決を支持し、被告側控訴を棄却した。

 昨年10月の一審広島地裁判決は、雑居ビル1階の飲食店で高沢被告が27年10月8日、ゴキブリ駆除のスプレーを噴霧しながらガスバーナーを点火しビルを全焼させ、2階のメイドカフェの客ら3人を死亡、3人を負傷させたと認定した。

 控訴審で、弁護側は一審に続き駆除行為と火災に因果関係はないとして無罪を主張。有罪であるとしても重過失失火罪は成立しないとした。伊名波裁判長は判決理由で、他の出火原因は認められないとして被告側の主張を退けた。被告側は上告する方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ