PR

ニュース 社会

<独自>コロナ病院でマスク外されキス 50代係長告訴へ

大阪府警本部
大阪府警本部

 新型コロナウイルス患者を受け入れる感染症指定医療機関「堺市立総合医療センター」(堺市西区)で今年1月、コロナ患者対応をしていた30代の女性職員が、50代の男性係長から強引にマスクを外されてキスをされたと訴え、センター側が事実関係を調査していることが22日、分かった。

 関係者によると、女性は被害直後にメンタル不調を訴え、現在も休職中。女性は近く、強制わいせつ罪で係長を大阪府警に刑事告訴するといい、取材に対しセンター側は「(女性の)フォローはしっかりする。事実が認定されれば厳正な対応をする」としている。

 女性の代理人弁護士によると、女性は今年1月上旬、院内の一室でコロナ患者の受け入れ調整中に、別の部署の係長にマスクを強引に外され、キスをされたと主張。係長は数日後、無料通信アプリで女性に、「受け入れてくれてると勝手に思っていた」「申し訳ありません」と謝罪の文面を送った。

 だが、係長の代理人弁護士は産経新聞の取材に対し、「(一連の行為は)『セクハラ』ではない。現段階ではそれ以上答えられない」と回答。さらに女性側の代理人弁護士に対し、警察に被害を届け出た場合は、虚偽告訴罪で逆に告訴する可能性があるとも伝えている。

 女性は令和元年8月にも係長から「大好き」「彼女になってほしいな」などと伝えられ、センター側に相談していた。女性側は、相談を受けながら措置を取らず安全配慮義務を怠ったとして、センター側にも損害賠償を求め、民事訴訟を起こす方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ