PR

ニュース 経済

高たんぱく質のレトルトカレー「ベスト10」とは??カレー大學&カレー大学院を卒業した注目のカレー料理人、富山秀一朗氏が「高タンパク質×レトルトカレー」ランキングを発表!

株式会社カレー総合研究所

 株式会社カレー総合研究所(代表:井上岳久/東京都渋谷区)は、カレー大學及びカレー大学院を卒業した新進気鋭のカレーシェフである富山秀一朗氏が「高タンパク質×レトルトカレー」ランキングとしてベスト10を4月20日(火)に発表しましたのでお知らせします。現在、話題になっている高たんぱく質のレトルトカレーの詳細がわかり、購入の目安になります。レポート形式になっていますので、以下、ご一読ください。

 いま、カレー業界で沸き立つ、タンパク質がモリモリ摂れるレトルトカレー。

 おうち時間が増え、おうちごはん率が高まるなか、「高タンパク質×レトルトカレー」ブームがさらに加速しています。そこで、美容女子必見の美肌・艶髪・美ボディがつくられる新習慣! タンパク質を食べるレトルトカレーを大検証。

 今回検証するのは、ランチタイム限定の東京・両国「カレー大學 両国アスリート食堂」のトミさんこと富山秀一朗氏。ランチタイム限定でアスリートのための高タンパク質カレーを提供する人気店のシェフです。

イタリアン「トラットリア モンテトミ」オーナーシェフ

 「カレー大學 両国アスリート食堂」 、「昼間のトミさん」店長

 有名ホテルでのシェフを経て、本場イタリアに渡る。トスカーナ州フィレンツェにある老舗レストラン「トラットリア アルマンド」で経験を積み、2015年東京・両国に「トラットリア モンテトミ」をオープン。趣味はカレーの食べ歩きで愛好歴15年以上。2020年グルテンフリーの無化調スパイスカレー専門店「昼間のトミさん」をオープン。「NHKニュースシブ5時」「TBS Nスタ」で紹介され話題を集める。さらにカレーを極めるため、カレー大學、カレー大學院で学び、「カレー」×「アスリート」×「タンパク質(プロテイン)」の研究に力を入れる。

 富山秀一朗氏が自らの専門性を活かし、5つの指標から高タンパク質を特徴としているレトルトカレーを評価しました。

≪ 評価指標 ≫

 1: タンパク質含有量

 2: 味の特徴

 3: 具材

 4: パッケージ

 5: 価格

 指標から、総合判断しベスト10を発表します!

 ★ 注目の「高タンパク質×レトルトカレー」ランキング発表 ★

 プロテイン好きカレー専門家、富山秀一朗氏が選んだ「タンパク質」をウリにしたレトルトカレーBEST10

第1位 マイルーティーン カレー中辛 /ウエニ貿易

【富山/選定理由】 タンパク質含有量が37.2グラムとダントツに多い。自分でも高タンパク質カレーを開発・研究しているが、食材を使って30グラム以上入れるのは難しい。それをプロテインメーカーのレトルトカレーは大きく超えてきた。具材もゴロゴロ入り、スパイスもしっかり感じられて満足感がある。旨味もあってさらっと食べられた。

 商品タンパク質量37.2g/180g

第2位 アスメシカレー<加須産いちじく入り、花咲徳栄高校共同企画>

 /(株)カレー総合研究所 販売元:ばっかす

 【富山/選定理由】 埼玉県加須産のイチジクが入る、ほかでは食べられないカレー。サッカー・野球をはじめとしたスポーツ強豪校・花咲徳栄高校との共同開発で話題。マイルドな辛さで食べやすく、埼玉県加須市のご当地カレーとしてヒットする。「かぞブランド」に認定されたカレー。

 タンパク質量33.2g/200g

第3位 からだ満足STYLE 鶏ひき肉と3種の豆のキーマカレー 中辛/ヱスビー食品

【富山/選定理由】 赤インゲン豆、レンズ豆、ひよこ豆の3種がゴロゴロ入り、歯ごたえ、食感もよく満足感がある。スパイス感もあり栄養バランスが良く、女性や健康志向の人におすすめ。

 タンパク質量23.6g/180g

第4位 カラダシフト たんぱく質キーマカレー/永谷園

【富山/選定理由】 287カロリーで具材は適量。鶏のひき肉を使用し、幅広い世代に好まれる味。スパイス感がしっかりあって、ほんのり汗もかける。電子レンジ1分10秒で食べられるから簡単。

 タンパク質量22.3g/175g

第5位 マイルーティーン カレー甘口 /ウエニ貿易

【富山/選定理由】 タンパク質の含有量が36.8gと最高レベル。はちみつ入りでマイルドな味は、学生にも食べやすい。タンパク質を摂取するとやる気がアップするから、朝食にもピッタリ。

 タンパク質量36.8g/180g

第6位 100カロリーマイサイズいいね!プラスたんぱく質を摂りたい方のキーマカレー/大塚食品

 【富山/選定理由】 糖質の吸収を抑え、低カロリー。具材は小さめでスパイス感あり。カロリー制限中だけど、スパイスカレーが食べたいという人にちょうどいいサイズ。

 タンパク質量2.2g/140g

第7位 oli 'onoプロテイングリーンカレー/日成共益

【富山/選定理由】 パッケージがおしゃれでかわいい。タンパク質(=プロテイン)に特化したタイカレーは希少で、ココナッツミルクが香り、辛すぎず、食べやすい。いつものスパイスカレーとは違う、味の変化を楽しみたい。

 タンパク質量20g/180g

第8位 ファインラボチキンカレー/ファインラボ

【富山/選定理由】 具材が大きくてゴロゴロしている。トマトと国産鶏肉の使用で満足感があるのに170キロカロリーと控えめ。トマト・チキンベースで女性好みの一品。

 タンパク質量24.8g/200g

第9位 ビーレジェンド マッチョカレー 中辛 /株式会社Real Style

 【富山/選定理由】 具材の量が最も多かった。肉の食感が重視された、マッチョのためのプロテインカレー。

 商品データ: タンパク質量31.7g/180g

第10位 oli 'onoプロテインキーマカレー/日成共益

 【富山/選定理由】 パッケージがおしゃれでかわいい。 コラーゲンが3900ミリグラムも配合されているから美肌になれそう。満足感が高いのでダイエットカレーとしても最適。

 タンパク質量20g/180g

食生活でおいしく摂取するタンパク質(=プロテイン)商品が大人気となっている理由を富山氏は次のように分析しています。

 1: タンパク質は美肌と艶髪、ボディメイクに不可欠

 これまでプロテインといえば、「アスリートやボディービルダーが筋肉増進のためにシェイカーを振ってドリンクとして飲む」というイメージが強くありました。

 栄養素のひとつであるタンパク質(=プロテイン)は、筋肉づくりに必要なほか、美肌、艶髪、爪、臓器をつくる大切な成分。“健康的でメリハリのある身体”が目標の美ボディメイクには必要不可欠です。最近では、「タンパク質=プロテイン」であることを多くの人が認識し、老若男女が健康生活に取り入れています。

2: 身近な食品でおいしくタンパク質が摂れる

 タンパク質がたっぷり含まれたプロテイン入りのレトルトカレーやチョコレート、ヨーグルトなど、おいしい商品が続々と登場しています。

3: スパイスは体内の循環を円滑にする

 カレーのスパイスとして配合されるターメリック・クミン・カルダモン・唐辛子など。これらは漢方としても使われています。どれも体内の循環を円滑にする作用があり、発汗を促し、脂肪の燃焼に効果的です。

4: スパイスの満足度でおやつ欲を抑制できる

 口の中に広がるスパイスの刺激は、食後の満足感を高めます。そのためデザートやおやつの習慣を無理なく減らすことができそう。

5:インターネットショップのほか、スーパーやコンビニでも手軽に購入できる

 これまでのプロテイン商品は、専門店やインターネットショップでの購入が主でした。最近では、スーパーやコンビニで手に入る商品が増加中。より身近になったことで、筋肉をつくるアスリートはもちろん、美肌、艶髪を意識する女性、足腰の筋力を維持したい高齢者にも人気です。

6: お湯で温める、レンジでチンなど、簡単に食べられる

 レトルトカレーは、熱湯で数分の調理や電子レンジでチンするだけのお手軽食品。おうち時間が増えたいま、誰でも簡単に作れるから、いつでも常備しておきたいですね。

 カレー大學 両国アスリート食堂

 営業時間:水曜・木曜のみ11:30~15:00(ラストオーダー)

 *カレーがなくなり次第終了

 東京都墨田区両国3-11-1 1F

 「モンテトミ」「昼間のトミさん」内

 (TEL)03-3634-3311

■メニュー紹介

1「ラムのラグーカレーパスタ」 1,200円(税込) 高タンパク質カレーパスタ

 《一食当たりのタンパク質量》 45グラム

 イタリアの老舗レストランでジビエ(野生の食肉)を調理してきた経験から、肉料理を知り尽くすトミさんがセレクトしたのはラム肉だ。筋肉や肌、髪、爪、臓器をつくるタンパク質を多く含み、脂質は抑えられる特徴がある。

 「ラムは脂質が溶け出す融点が44度で人の体温よりも高いので、体内で脂が溶けにくいんです。そのため脂が体外に排出されやすくなります。筋肉を増やしたいアスリートやビジネスマンに向け、お肉をゴロゴロ入れて、噛み応えも残しつつ満足感のある一皿にしました」(シェフ談)

 煮込みという意味を持つラグーソースは、爽やかなスパイスの香りが食欲をそそる。たっぷり入ったお肉は、柔らかくて、それでいてプリプリとした食感を残す。小さなスパイスを奥歯で噛みしめるとふわっと甘い香りが口に広がった。パスタは高タンパク質の麺を使用。

2「浜名湖産青海苔としらすのキーマカレー」 1,200円(税込) 高タンパク質カレーライス

 《一食当たりのタンパク質量》  40グラム

 タンパク質とカルシウムの豊富な釜揚げしらすがたっぷり入る見た目も鮮やかなカレー。卵、トマト、ニンジン、キュウリ、玉ねぎがトッピングされて、ヘルシー志向の女子にはたまらない一皿だ。青海苔がふんだんに入ったグリーン色のキーマカレーと釜揚げしらすの組み合わせは体験必須!

 「青海苔は100グラムあたり29.4グラム、しらすは100グラムあたり40.5グラムと、どちらもタンパク質量がとても多い食材です。これらを豚肉ベースのキーマカレーと合わせました。美肌の源、コラーゲンもタンパク質の一種なので女性におすすめです。化粧水もいいけど、体の内側から摂取すればもっと効果的ですよね。辛さもマイルドなので食べやすくなっています」(シェフ談)

 <調査概要>

 調査主体:富山秀一朗(カレー専門家)

 調査方法:カレープロ料理人により実食調査

 調査人数:1人(富山秀一朗)、他5名(書類選考者を含む)

 調査期間:2021年3月

 調査結果:1次審査/書類で10品を選定後、2次審査で試食しランキング化

 「カレー大學」ではカレーを体系的かつ実践的に学ぶことができ、 カレーを理解する必要不可欠な知識全般を習得します。 単なる知識としてだけでなく、 ビジネスや家庭で実用的に実践できる「生きた学問」として学ぶことを目指しています。

 カレー界の第一人者である井上岳久が監修したテキストをもとに分かりやすく学べます。 日本最高峰のカレー講座です。

https://currydaigaku.jp

 「カレー総合研究所」は、 カレーを通した日本全体の食文化、 健康食としてカレーの普及による健康面からのアプローチなど、 日本総国民が大好物で国民食とまで言われているカレーをさらに盛り上げ、 発展させることを目的とします。

  http://www.currysoken.jp/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ