PR

ライフ ライフ

火星で酸素生成「人類移住へ一歩」 NASAの探査車

火星の探査車パーシビアランスに搭載された酸素をつくり出す実験装置(NASA提供)
火星の探査車パーシビアランスに搭載された酸素をつくり出す実験装置(NASA提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 米航空宇宙局(NASA)は22日、火星の探査車パーシビアランスに搭載した装置で火星の大気の大半を占める二酸化炭素(CO2)から酸素をつくり出すことに成功したと発表した。地球以外の天体で酸素をつくったのは初めてという。「人類が火星に移住する目標に向けて期待できる成果だ。大量に貯蔵できれば地球に帰還するためのロケット打ち上げにも役立つ可能性がある」としている。

 NASAによると、実験は火星の表面で20日に行われた。二酸化炭素分子は炭素原子一つと酸素原子二つでできている。今回、装置の中で800度の高熱を加え、酸素と一酸化炭素に分解した。宇宙飛行士1人が10分間で呼吸する量に相当する約5・4グラムの酸素が得られた。

 パーシビアランスは2月に火星に到着した。約2年の滞在中に複数回、条件を変えて同様の実験を行う予定。将来的には生成した酸素を水素と組み合わせて水を合成できるようになるかもしれないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ